車査定を受ける際にゼッタイにやってはいけないこととは!?

ネットを使って、車の査定の大体の相場が分かります。中古車買取業者の中でも大手のサイトなどで、車の買取価格の相場が調べられます。相場を分かっていることで、安く売って損してしまうこともありませんので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

しかし、車の状態によって変わってしまうので、必ずしも相場のままの価格で買い取ってもらえるとは限りません。

タイヤ交換にバッテリー交換等、車の消耗品に関して新規交換などの経験は誰しもがあることかと思います。皆さんのご想像のとおり、タイヤでもバッテリーでも使い古されたものより新しいもののほうが査定上は良いわけです。

がしかし、これから買取業者に車を買取してもらうという時に、タイヤやバッテリーといった消耗関係の部品を交換してから売ったほうがいいのか?というと実は一概にそうとは言えないことも。

なぜなら、それらは買取価格にはあまり影響されることはなく、なんならそれくらい当たり前!って感じだからです。

 

もしも買取金額に関係してくるとすれば、タイヤで言えばワイヤーがむき出しになるほどすり減っていてスリップサインも出てるよとか、エンジンが動かないほどまでバッテリーが弱ってたりすると、査定士のマイナス査定につながることはあるんですが、

一つの例として言えば、新発売された新しいモデルのタイヤがあるからといって、仮にそのタイヤに交換してもプラス査定になるということはありません。

 

実は今お話した例ですが、その昔に私が実際に新商品に交換してしまったことなんですが、業者の人にはプラス査定になることはないので、次回車を売る際はやらないほうがいいですね!と言われたことなんです。

つまり、車においての消耗品関係、要するにタイヤやバッテリーに関しては、車査定の前に交換する必要性などは全く持ってない!ということです。当然ではありますが、古いタイヤやバッテリーの車であるよりも、新しいタイヤやバッテリーの車のほうが確かに買取金額は若干高価はなりますが、その交換の為に支出した代金ほど査定額が高価なるということは基本的にありませんので、やればやっただけ損失となってしまうということなんです。

損しないためには大切な車の消耗品関係の交換について説明させて頂きましたが、そろそろ車を買い換えようかななんて検討中の方は、くれぐれも無駄な出費で失敗してしまわないよう、是非交換などせずに現状のままで査定を受けるようにしてもらえたらと思います!

あとは、車一括査定を受けて車を売れば高く売れる確率が高くなるわけですが、おすすめの車一括査定はこの車買取尼崎市というランキングサイトを参考すれば問題ないかと思います。